リリース日時
2023-04-15 10:00
収録時間
0:53:00
品番
tobp002
/>清楚でおしとやかな俺の彼女、今日はそんな彼女に飛びっこローターを着けて食事に出かけた。
何食べようかと迷いながら街中で飛びっこのスイッチを入れてみる。
「んっ!」身体に電流が走ったように悶えて立ち止まる彼女。
「ちょっとぉ、恥ずかしいよ…。」
ミニスカの股間を押さえる手を引っ張り歩き出す。
「(飛びっこ)止まってないよ、歩けない。」
花壇のふちに座らせ振動を強くすると身体をビクビクと痙攣させる彼女。
「か、海鮮、中華のパスタがいい。」
訳の分からないことを言い始める。
「ちゃんと食べたいもの考えてる? 足組んでよ。」
脚を組みかえ、ローターが角度を変えてクリを刺激するとけわしい顔でこらえている。
「こないだエッチした時の事覚えてる?」
俺はわざとセックスの一部始終をささやくと、だんだん淫乱な顔になってくる。
パンティーの中はもうグッチョリになっているに違いない。
強引に彼女の手を引き歩き出す。
「もう恥ずかしいから、止めて。 外でイっちゃったらどうするの?」
「イかせてって事?」
スイッチのオン、オフを繰り返す。
「だめ、気持ち良くしないでぇ。」
座り込んで足をもじもじさせている。
「もうグショグショだよぉ、したくなっちゃった。」

ひと気のないビルの階段に無断で立ち入り、スカートを捲らせスイッチを入れる。
パンティーを引っ張って、気持ちいい所にあてる彼女は声を殺してイってしまう。
生チ●ポを握らせて濃厚なキスをすると、手こきの動きが早くなり俺のチ●ポも超勃起。
ブラをずらし、パンティーを脱がし、ローターをおま●この中に挿れてクリを擦ってイキまくらせる。

こんな野外でじゅぼじゅぼと手こきフェラ、清楚な彼女がド淫乱な女に成り下がっている。
「ほしい、ちんちんほしい!」
ねだる彼女にお尻を突き出させ、ヌルヌルのローターを引き抜いて代わりに俺のデカチンを刺し入れる。
膣中はニュルニュルでギュッと締め付けてくる。
音が立たないように高速でピストン、彼女はローターをクリに当てながらイキまくる。
「もっと、もっとしてぇ。」
手マンしてタップリ立ちションする彼女、小便まみれのオマ●コをガン突きして中出しする。

部屋に連れ帰ると、ド淫乱に発情した彼女のリードでセックスが始まる。
「じらされて、すごい興奮しちゃった。」
濃厚キスから乳首舐め、チ●ポを激しく咥え込み玉舐め、気持ち良すぎるフェラチオに俺のチ●ポはギン勃ち。
シックスナインから背面騎乗位セックス、俺の目の前でデカいお尻がいやらしい音をたてて動き回る。
下から高速で突き上げてやると「あ~~気持ちいい!イクイクイクイク!」
正面向きにして尻を押さえて激しく突き動くと、また痙攣しながらイキまくっている。

正常位セックスでひたすら腰を打ち付け、両手で腰を抱えて深いところを突き上げる。
腰の動きを止めて痙攣イキする彼女、手で両脚を開いて小刻みにチ●ポを出し入れして中出し射精。
ドロッと噴き出す俺の精子。
「またデート連れてってね。」
と微笑む彼女に、今度はもっと凄いおもちゃを用意してやろう。
おすすめ関連貧乳作品
WEB SERVICE BY FANZA