リリース日時
2023-03-13 10:00
収録時間
0:38:00
メーカー
レーベル
品番
ptpj010
セックスをしてくれると噂の派遣型家政婦さんを頼んでみた。
やって来たのは目が大きくショートヘアの可愛い愛沢さん。
掃除が苦手な僕は、参考に動画を撮らせて貰えないかとお願いする。
少しためらっていたが笑顔で承諾してくれた。
台所で洗い物をしている愛沢さんの目を盗んでピタパンのお尻を重点的に撮影。
見てるだけで股間がムズムズしてくるいいお尻だ。
続いてトイレの掃除、形の良い大きなお尻を突き出して丁寧に拭き掃除。
X脚で膝まづき、お尻を前後させている。これはヤバい!チ●ポがギンギンになってきた。

ベッドを掃除する大きなお尻に手が出てしまう。
「あっ!何するんですか?!」驚いて振り向く愛沢さん。
「お掃除、続けてください!」
抵抗する愛沢さんの手を縛り、「困ります!これ取ってください!」
腰を引き寄せピタパンの張り出たお尻を両手で揉み触る。
「ピチピチすぎませんか?」
「なに言ってるんですか?!やめてください!
」お尻を揉みしだくと股間のあたりに早くも濡れ染みを作っている。
「これ、苦しそうですよ。」
ジーンズをずらすとスベスベしたお尻と紫のTバックパンティーが現れる。
「こんなTバックで掃除しに来てるんですか?」
更にずらし、パンティーをクイクイと引っ張る。
「イヤっ!やめてください、…ふうぅ~ん。」
抵抗する割には大分感じてきているようだ。

半ケツになった生尻を具が開くように揉み開き、舌を這わして舐めまわす。
白い桃のような尻、Tバックの肛門あたりを舐めると、「ふうぅ~ん、イヤ!」と身体をくねらせ反応する。
ジーンズに手を突っ込み、おま●こあたりをモミモミ触りまくる。
愛沢さんはお尻を振って抵抗してるがパンティーはグッチョリと濡れている。
手の動きに合わせてウン、ウンと反応し「あ~~~イクぅ!」とイってしまう。
濡れたTバックを食い込ませながら引っ張り、クリトリスを指で押し動かす。
「あっあっあっあっあっあ~~~イクぅ!」
今度は大きなお尻をピクピクと痙攣させてイってしまう。
パンティをずらし、生で指を突っ込む。
「あーダメです!そんな…」
「ビチョビチョですよ!こんなに。」
マン汁の付いた指を差し出すと困惑した顔がとてもエロ可愛いい。

お尻を抱えながら濡れたおま●こををペロペロと舐め、手マンでイキまくる。
虚ろな目で僕を見上げる愛沢さんを抱き寄せ、エプロンの上から胸を揉みながら柔らかい唇に吸いつく。
舌を差し込むと身体は更に敏感になってくる。
「こんなに乳首立ってますよ。どうしたんですか?」
ピンク色に膨らんだ乳首を指で弾き、引っ張る。
「あっ、あっ、意地悪しないでください…。」
エロ可愛いい苦悶の表情の顔を引き寄せ激しくキスをする。
ブラジャーをずらしながらオッパイに吸いつき、濡れたおま●こを擦り上げる。
脚を持ち上げクリトリスを吸い上げ、指で膣中を掻きまわすと直ぐにイってしまう敏感マ●コ。
チ●ポを股間に押し付けながら舌を深く絡ます。

「こっちをお掃除してください。」
汗ばんだ乳首を舐めさせると、長い舌で丁寧に舐め上げ、空いてる乳首を指でコリコリ、気持ち良すぎるお掃除だ。
ついでにチ●ポも差し出すと手でしごきながらチュポチュポとじっくりフェラしてくれる。
丁寧なお掃除に我慢限界の僕はお尻を向けさせ、ニュルっとチ●ポを差し入れた。
膣中は温かくヌルヌル、大きなお尻を掴みながら腰を振った。
「あ~~~っ、ダメぇ~!」
振り返って見上げる愛沢さんは厭らしい顔になっている。
イってしまった愛沢さんを抱きかかえ、騎乗位SEXでチ●ポをお掃除してもらう。
「うん、うん、うん、うん、」
お尻の割にはスレンダーな身体とコキコキとした厭らしい腰つき、中はグチョグチョで気持ちいい。
「やっぱりエッチがしたかったんですか?」
「あっあっ、そんなんじゃありません。」
「だって、さっきから腰の振りが止まりませんよ!」
「あーダメっ!イク、イクイク!」
そのまま乳首を吸いながら座位で突き上げ、唾液まみれの舌を絡ます。
パンティを脱がし正常位SEXでいきり勃つチ●ポをズボズボおま●こにぶち込む。
喘ぐ愛沢さんの顔が何とも厭らしく可愛いい。
マ●コの横にある淫乱黒子を拝みながら僕は激しく腰を振り続けた。
「あーーー!出ちゃう!!」
「あ~~~っ、ダメぇ~!」
愛沢さんの綺麗なパイパンマ●コから、白い精液がドロドロと滴り出てくる。
おすすめ関連貧乳作品
WEB SERVICE BY FANZA