バイト先の彼氏持ちの年下女子と車デート。恋愛感情はないわけじゃないが、意識したら負けな気がして、あくまでもデートに付き合ってあげるスタンスでいたが…僕に気があるのか、ないのか絶妙なラインで誘ってくる。「先輩のこと、今3分の2好きなの。あと、3分の1好きにさせてくれたら、付き合おう」可愛い瞳で見つめられ、細いカラダを抱きしめたとき、もうどうでもいから、この娘にめちゃくちゃ中出ししたくなっていた―。
おすすめ関連貧乳作品
WEB SERVICE BY FANZA